東北空手道選手権大会 審査規約

審判員および審議員は同等の権限を持って競技の審査に当たるが、競技に関する最終決定はすべて審判長の裁決による。
 
【組手と勝敗】

  1. 組手は1試合を本戦2分間、延長2分間(中学生以下のジュニアクラスは本戦1分30秒間・ 延長は一般上級以外1分間)とする。
  2. 組手の勝者は、一本勝ち・技有り2本による合わせ1本勝ち・判定勝ち・相手の失格ないし棄権による勝ち、により決定される。

 
【一本勝ち】

  1. 反則箇所を除いて、突き、蹴りをきめ相手選手を3秒以上ダウンさせるか、一時的に戦意を喪失させたとき。

 
【技有り】

  1. 反則箇所を除いて、突き・蹴りを的確に決め、相手選手が一時的にダウンし3秒以内に立ち上がったとき。
  2. 相手選手が倒れないまでも、有効な攻撃でバランスを崩したり戦意を喪失したとき。
  3. 足掛け技を含めて、倒れた相手にタイミングよく下段突きできめたとき。
  4. 中学生以下は、上段への蹴りが的確に決まった場合、ダメージがなくても技有りとする。
  5. 技有りは2本で一本勝ちとする。

 
【判定と延長戦】

  1. 試合時間内に、一本勝ちで勝敗が決まらない 場合は、判定で決定する。
  2. 判定は主審1名、副審4名のうち3名以上の判断で決定するが、それ以外の場合は引き分け とし、延長戦を行う。
  3. 判定の基準を以下の順とする。
    1. 技有りの有無
    2. 減点の有無
    3. 試合の主導権
      1. 相手にダメージを与える正確な攻撃
      2. 手数
    4. 試合態度
      1. 気迫と気合い
      2. 礼節
  4. 延長戦はマストシステムで勝敗を決する。
    1. 決勝戦は再延長戦を行う。

 
【反則】

  1. 手、肘、(膝)による顔面および首への攻撃。
    1. 一般上級クラス以外上段膝蹴り禁止。
  2. 金的蹴り、頭突き、倒れた相手への攻撃。
  3. 道衣や手足の掴み、掌底押し、首から上の手掛け。
  4. 相手の背後からの攻撃。
  5. 故意に転倒し相手に攻撃させない場合。
  6. 場外に出た場合。
  7. 以上のほか主審が反則とみなした場合。
  8. 反則は悪質なものを失格または減点とし、それ以外は注意が与えられる。
  9. 故意でなくても反則によるダメージが大きいと判断される場合は、即時減点または失格となる。
  10. 注意2回で減点1、減点2で失格となる。

 
【失格】

  1. 減点が2になった場合。
  2. 係員、審判員の指示に従わない場合。
  3. 出場時刻に遅れたり、出場しない場合。
    1. 試合開始時に名前を呼び出しても選手が試 合コートに現れない場合は失格になる。
  4. 規定体重を少しでも超えた場合。
    1. 体重別の場合、計量は当日受付時に行う。
  5. 規定外の道衣や防具を使用した場合。
  6. 粗暴な振る舞い、悪質な試合態度、悪質な反則など審判員が協議のうえ失格と判断した場合。

 
【その他】

  1. 試合結果について、選手とその関係者は審判員や主催者に対して一切の異議を申し立てできない。
  2. この規約に無い事態が発生した場合は必要に応じ大会役員が協議を行い審判長が最終決定する。尚、その効力は絶対である。